ページの先頭です

税務/相続コンテンツ

ここから本文です
文書作成日:2021/05/04
特例措置により事前に休業等計画届を提出していない雇用調整助成金の収益計上時期

 新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、国を中心に事業者に対して様々な助成金の支給が行われています。法人がこの助成金を受け取った場合、いつの時点で収益計上するのかが税務上のポイントといえますが、助成金の性質等に応じて都度検討していかなければなりません。

 そこで今回は、国税庁から公表されている「国税における新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納税などの当面の税務上の取扱いに関するFAQ」より、新型コロナウイルス感染症に伴う特例措置により、事前の休業等計画届の提出は不要とされている雇用調整助成金の収益計上時期について、以下、ご紹介します。


(問7 法人が交付を受ける助成金等の収益計上時期の取扱い〔令和3年3月26日更新〕

[相談]

 当社では、新型コロナウイルス感染症等の影響に伴い、国や地方公共団体から助成金等の交付を受けました。この助成金等はいつの事業年度の収益の額として計上する必要がありますか。


[回答]

○ ご質問の助成金等の収益計上時期については、個別の助成金等の事実関係によって、次のとおり、様々な時期が考えられます。

【基本的な考え方】

○ 法人税の所得金額の計算上、ある収入の収益計上時期は、原則として、その収入すべき権利が確定した日の属する事業年度となります(法人税法22条2項、4項)。
 ご質問の助成金等については、国や地方公共団体により助成金等の交付が決定された日に、収入すべき権利が確定すると考えられますので、原則として、その助成金等の交付決定がされた日の属する事業年度の収益として計上することとなります。

【特定の経費を補填するもの】

○ ただし、その助成金等が、経費を補填するために法令の規定等に基づき交付されるものであり、あらかじめその交付を受けるために必要な手続(※1)をしている場合には、その経費が発生した事業年度中に助成金等の交付決定がされていないとしても、その経費と助成金等の収益が対応するように、その助成金等の収益計上時期はその経費が発生した日の属する事業年度として取り扱うこととしています(法人税基本通達2−1−42)。

※1 必要な手続とは、例えば、休業手当について雇用調整助成金を受けるための事前の休業等計画届の提出などが該当しますが、新型コロナウイルス感染症に伴う特例措置により、事前の休業等計画届の提出は不要とされています。その場合の雇用調整助成金の収益計上時期は、原則として、交付決定日の属する事業年度となります。
 ただし、事前の休業等計画届の提出が不要の場合であっても、交付申請を行っており、交付を受けることの確実性が認められ、経費が発生した日の属する事業年度に会計上も収益計上しているときには、税務上もその処理は認められると考えられます。

【固定資産の取得又は改良に充てるために交付を受ける国庫補助金等に係る圧縮記帳】

(略)


 上記のFAQでお分かりの通り、特例措置により、事前の休業等計画届が提出不要の場合は、原則、雇用調整助成金の交付決定日の属する事業年度の収益として計上することとなりますが、交付決定日が休業手当の発生年度の翌事業年度であった場合に、休業手当の発生年度内に交付申請済みであり、休業手当の発生年度に収益計上しているときは、交付の確実性が認められる限り、その処理は税務上問題ないようです。

 雇用調整助成金の交付申請を行っているが、決算期末までに交付決定を受けていない法人についての処理にご留意ください。


[参考]
国税庁「国税における新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納税などの当面の税務上の取扱いに関するFAQ」


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。



暗号資産(仮想通貨)同士の交換を行った場合の所得税の課税関係2021/04/27
相続税の障害者控除が適用できない場合とは2021/04/20
民間金融機関による実質無利子・無担保融資により受給した保証料補助に関する収益計上時期の取扱い2021/04/13
少額短期保険契約の保険料は生命保険料控除となるのか否か2021/04/06
延長された、青色事業専従者届の提出期限2021/03/30
新型コロナウイルス感染症特別利子補給制度に係る利子補給金の収益計上時期2021/03/23
療育手帳の交付を受けている人の障害者控除額2021/03/16
従業員へのテレワーク費用支給と現物給与の関係2021/03/09
2月15日以前に提出した所得税確定申告書の取扱い2021/03/02
延長された、令和2年分の確定申告期限2021/02/23
白色申告者が事業専従者控除を受けるための要件2021/02/16
令和2年分確定申告からの青色申告特別控除額の引き下げと、その対処方法2021/02/09
令和3年4月1日からの、消費税の総額表示義務とは2021/02/02
オンライン診療に係る諸費用は、医療費控除の対象?2021/01/26
PCR検査費用は、医療費控除の対象?2021/01/19
控除対象扶養親族が年内に亡くなった場合の扶養控除の適用2021/01/12
マイナポイントと所得税2021/01/05
給与所得の源泉徴収票の交付2020/12/29
年末調整後に配偶者等が異動した場合2020/12/22
年末調整/受給した「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金」の取扱い2020/12/15
年末調整/配偶者が勤務先から受給した「休業手当」の取扱い2020/12/08
海外渡航前のPCR検査費用と医療費控除2020/12/01
給与支払事務所等の「移転」届出書とは2020/11/24
一部テレワーク勤務する従業員に支給する非課税通勤手当の限度額の考え方2020/11/17
複数月分の家賃をまとめて記載した領収書に対する、印紙税の取扱い2020/11/10

サービス

  • 税務・会計・連結決算
  • 経営・再生
  • 相続・事業承継
  • 建設業・原価計算
  • 会計ソフト・システム化

採用情報

東京中央税理士法人

  • 虎ノ門本社
    〒105-0003
    東京都港区西新橋1-9-1
    アコール新橋2F
    TEL.03-6206-6785
    FAX.03-5375-8718
    →地図はこちら
  • 板橋事務所
    〒173-0004
    東京都板橋区板橋3-6-17S
    KT板橋ビル3F
    TEL.03-5375-8714
    FAX.03-5375-8718
    →地図はこちら
  • 朝霞事務所
    〒351-0022
    埼玉県朝霞市東弁財1-6-28
    宮田ビル2B TEL.048-485-8313
    FAX.048-485-8314
    →地図はこちら

お客様の声

  • メールマガジン登録
  • 田上公認会計士事務所オフィシャルサイト
  • 弥生セミナー

▲ページの先頭へ