ページの先頭です

税務/相続コンテンツ

ここから本文です
文書作成日:2017/11/21
給与所得の源泉徴収票の配布

[相談]

 当社は年末調整が終わり、各人の源泉徴収票を印刷しました。
 この源泉徴収票は年末調整の対象者だけ発行し、配布すればよいのでしょうか?


[回答]

 給与所得の源泉徴収票は、法定調書です。
 この給与所得の源泉徴収票は、その年に給与を支払った(給与が確定された)全ての人に作成し、原則としてその翌年の年1月31日までに配布しなければなりません。

 上記の他、一定の要件に該当する人の源泉徴収票は、御社の所轄する税務署へ1枚提出します。
 また、翌年1月1日現在御社から給与支給を受けている人に係る源泉徴収票は、同じような様式である「給与支払報告書」として翌年1月31日までに、同日現在の住所地の市区町村へ2枚提出します。この場合において、年の途中で退職した人については、退職時の住所地の市区町村へ提出しますが、給与支払報告書に記載されている支払金額が30万円以下の場合には提出を省略することができます。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。



休職中の従業員の年末調整2017/11/14
年末調整対象者から年末調整をしなくてもいいといわれたとき2017/11/07
年末調整の対象者は誰ですか?2017/10/31
年末調整のスケジュール2017/10/24
外国人学生アルバイトと源泉所得税2017/10/17
NPO法人が行う住宅改修事業に係る消費税の取扱い2017/10/10
NPO法人に係る消費税取扱いの概要2017/10/03
ふるさと納税ワンストップ特例と期限後申告2017/09/26
シロアリ駆除費用と還付申告2017/09/19
社会保険料削減スキームと税制2017/09/12
受贈者が贈与者より先に死亡した場合の相続時精算課税の課税関係2017/09/05
コピーした契約書に印紙税は課税されるのか?2017/08/29
個人事業主が作成する帳簿書類等の保存期間2017/08/22
宿日直を継続して行った場合の所得税の課税関係2017/08/15
電動車いすの販売や修理についての消費税の取扱い2017/08/08
会社の海外研修期間に業務以外の期間が含まれている場合の法人税における取扱い2017/08/01
個人が土地等を収用等された場合の所得税の課税の特例と、買換え資産の取得費2017/07/25
財産評価基本通達の改正による自社株価評価額への影響2017/07/18
休業後再開した場合の消費税の届出2017/07/11
高額特定資産と調整対象固定資産の判定単位について2017/07/04
被相続人が独居で相続人が賃貸暮らしの場合の小規模宅地等の特例2017/06/27
空き家敷地の譲渡所得の特例 1億円要件は?2017/06/20
消費税の任意の中間申告の届出期限等は?2017/06/13
セルフメディケーション税制/適用要件2017/06/06
事業の一部廃業の届出2017/05/30

サービス

  • 税務・会計・連結決算
  • 経営・再生
  • 相続・事業承継
  • 建設業・原価計算
  • 会計ソフト・システム化

採用情報

東京中央税理士法人

お客様の声

  • メールマガジン登録
  • 田上公認会計士事務所オフィシャルサイト
  • 弥生セミナー

▲ページの先頭へ