ページの先頭です

税務/相続コンテンツ

ここから本文です
文書作成日:2020/02/10



 令和2年分の所得税から改正された、青色申告特別控除額と基礎控除額。税金の計算にどの程度影響があるのでしょうか?


出演:  ・・・M社 社長   ・・・顧問税理士



― M社 社長室にて ―

M社社長と顧問税理士が、打ち合わせを行っています。




 …ということで、令和元年分の社長の確定申告の内容は以上となります。
 4月21日に口座から引き落としのある金額は、先日ご案内した通りです。
 よろしくお願いいたします。




 口座の管理は妻に任せているからね。
 書類はそっちに渡してもらえるかな。




 承知いたしました。




 よろしく頼むよ。




 ところで、令和2年分から青色申告特別控除額と基礎控除額が変わりました。
 令和元年分については、社長の不動産所得から控除している青色申告特別控除額は、先ほどご説明した通り65万円です。また、基礎控除額は38万円でした。




 そうだったね。




 これがまず、青色申告特別控除額については、令和2年分から原則55万円となります。ただし、電子申告あるいは電子帳簿保存のいずれかを行っていれば、これまで通り65万円の控除が受けられます。
 社長は従来より電子申告を行っておりますし、今後も継続すれば引き続き65万円の控除が受けられます。




 電子申告って、先生が送信しているやつ?




 ご理解の通りです。
 社長の確定申告書も青色申告決算書もe-Taxを使用して提出しております。
 これが条件の1つである、“電子申告”ですね。
 今後もこの提出であれば、引き続き65万円の控除が受けられる、ということになります。




 確定申告書も青色申告決算書もってことは、どちらか一方だけではダメなの?
 たとえば、確定申告書だけ電子申告して、青色申告決算書を郵送する、とか。




 どちらか一方だけでは、ダメです。
 “その年分の所得税の確定申告書及び青色申告決算書の提出を、確定申告書の提出期限までにe-Taxを使用して行うこと”が条件ですから。




 なるほどね。




 はい。
 また、基礎控除額ですが、令和2年分からの基礎控除は原則48万円と、これまでより10万円引き上げられましたが、他方、合計所得金額が2,400万円を超えると段階的に逓減され、2,500万円を超えると0円になります。
 先ほどご説明した通り、社長の合計所得金額は3,000万円を超えていますので、社長の基礎控除額は0円となります。




 どのくらい最終の税金に影響があるの?




 はい。
 社長には、給与所得もございます。
 改正により給与所得控除額の見直しもございますので、それらを含めたトータルの税額シミュレーションをご用意しました。
 こちらをご確認いただければ、と思います。




 じゃあ、さっそく確認してみようか。




 はい。
 ぜひ、よろしくお願いします。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。

サービス

  • 税務・会計・連結決算
  • 経営・再生
  • 相続・事業承継
  • 建設業・原価計算
  • 会計ソフト・システム化

採用情報

東京中央税理士法人

  • 虎ノ門本社
    〒105-0003
    東京都港区西新橋1-9-1
    アコール新橋2F
    TEL.03-6206-6785
    FAX.03-5375-8718
    →地図はこちら
  • 板橋事務所
    〒173-0004
    東京都板橋区板橋3-6-17S
    KT板橋ビル3F
    TEL.03-5375-8714
    FAX.03-5375-8718
    →地図はこちら
  • 朝霞事務所
    〒351-0022
    埼玉県朝霞市東弁財1-6-28
    宮田ビル2B TEL.048-485-8313
    FAX.048-485-8314
    →地図はこちら

お客様の声

  • メールマガジン登録
  • 田上公認会計士事務所オフィシャルサイト
  • 弥生セミナー

▲ページの先頭へ