ページの先頭です

税務/相続コンテンツ

ここから本文です
文書作成日:2019/11/10



 “令和”印字の源泉所得税の納付書を利用するときの注意点はありますか?


出演:  ・・・M社 経理部 まい   ・・・顧問税理士



― M社 会議室にて ―

M社経理部まいと顧問税理士が、打ち合わせを行っています。




 そういえば、先日税務署から、“令和”が印字された源泉の納付書が届きました。




 給与などの源泉所得税を納めるための納付書ですね。




 そうです。
 まだ“平成”が印字された納付書が残っていますが、この“令和”が印字された納付書が届くと、もう“平成”印字の納付書は使えませんか?




 そのようなことはありませんよ。
 引き続き“平成”が印字された納付書を利用なさることに、問題はないですよ。




 そうですか。




 利用されるときに、どちらを利用するかを間違えなければよいのです。




 記載内容が異なる、ということですか?




 基本的には変わりませんが。
 ただ、たとえば年度の記載にご留意いただければ、と思います。




 といいますと?




 そうですね。
 たとえば来年3月31日までの納付について、“平成”が印字された納付書であれば、“31”と記載します。“令和”が印字された納付書であれば、“01”と記載することになります。




 なるほど。
 他にはありませんか?




 “平成”が印字された納付書は、年度欄以外は、“平成”でも“令和”でもどちらの年を記載しても問題ありませんが、“令和”ですと、すべて“令和”の年で統一する、ということくらいでしょうか。




 うーん。
 どちらを利用するのがいいのでしょうかね?




 御社は、毎月納付する源泉徴収義務者です。納付する対象期間は、すでに令和の期間しかありませんので、“令和”が印字された納付書の方がよいかもしれませんね。




 なぜですか?




 “令和”が印字された納付書は、“令和”の年で記載を統一させればよいので。
 そういう意味では、“令和”印字の納付書を用いた方が面倒はないかな、と思います。
 ただ、“平成”印字の納付書でも、年度欄だけ注意すればよいですし、令和になって以降もこれまで“平成”印字の納付書を利用されてきているわけですから、このまま使い続けても何の支障もないかもしれませんが。




 そうですか。
 折角届いたし、新しい物好きなので、早速、来月の納付分から“令和”印字の納付書を使おうかな。




 そうですね。
 よろしいかと思います。




 年度欄だけ、とはいえちょっと気になるので、初めて作成するときには、念のため確認してもらってもいいでしょうか?




 承知いたしました。




 それでは、よろしくお願いします。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。

サービス

  • 税務・会計・連結決算
  • 経営・再生
  • 相続・事業承継
  • 建設業・原価計算
  • 会計ソフト・システム化

採用情報

東京中央税理士法人

  • 虎ノ門本社
    〒105-0003
    東京都港区西新橋1-9-1
    アコール新橋2F
    TEL.03-6206-6785
    FAX.03-5375-8718
    →地図はこちら
  • 板橋事務所
    〒173-0004
    東京都板橋区板橋3-6-17S
    KT板橋ビル3F
    TEL.03-5375-8714
    FAX.03-5375-8718
    →地図はこちら
  • 朝霞事務所
    〒351-0022
    埼玉県朝霞市東弁財1-6-28
    宮田ビル2B TEL.048-485-8313
    FAX.048-485-8314
    →地図はこちら

お客様の声

  • メールマガジン登録
  • 田上公認会計士事務所オフィシャルサイト
  • 弥生セミナー

▲ページの先頭へ