ページの先頭です

税務/相続コンテンツ

ここから本文です
文書作成日:2019/12/17
年末調整による過不足額がその月分の納付すべき税額を超える場合

[相談]

 年末調整後、その月分の納付すべき税額から過不足額を加減算したところ、過納額が多く引ききれません。このような場合、納付書にはどのように記載すればよいのでしょうか?


[回答]

 最終的に納付する税額をマイナスにせず、0円になるように過納額を調整します。


[解説]

 引ききれなかった過納額は、翌月分以降の納付すべき税額から差し引いていきます。


 ただし、たとえば2ヶ月経過しても引ききれないと見込まれる場合には、「源泉所得税及び復興特別所得税の年末調整過納額還付請求書 兼 残存過納額明細書」を作成して、一定の書類とともに所轄の税務署へ提出することで、一度に引ききれなかった分を受取ることができます。


 なお、最終的な納付すべき税額が0円となる場合には、所轄税務署へ納付書を提出することになります。納付するときには金融機関へ納付書を持っていき、その場で納付手続きを行うことで納付書を所轄税務署へ提出することはないため、提出先を誤らないようにご注意ください。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。

サービス

  • 税務・会計・連結決算
  • 経営・再生
  • 相続・事業承継
  • 建設業・原価計算
  • 会計ソフト・システム化

採用情報

東京中央税理士法人

  • 虎ノ門本社
    〒105-0003
    東京都港区西新橋1-9-1
    アコール新橋2F
    TEL.03-6206-6785
    FAX.03-5375-8718
    →地図はこちら
  • 板橋事務所
    〒173-0004
    東京都板橋区板橋3-6-17S
    KT板橋ビル3F
    TEL.03-5375-8714
    FAX.03-5375-8718
    →地図はこちら
  • 朝霞事務所
    〒351-0022
    埼玉県朝霞市東弁財1-6-28
    宮田ビル2B TEL.048-485-8313
    FAX.048-485-8314
    →地図はこちら

お客様の声

  • メールマガジン登録
  • 田上公認会計士事務所オフィシャルサイト
  • 弥生セミナー

▲ページの先頭へ