ページの先頭です

税務/相続コンテンツ

ここから本文です
文書作成日:2018/01/30
株の配当を申告する場合の課税方法の選択単位

[相談]

 複数の会社から株式の配当を受け取っています。一部を総合課税として、一部を申告分離課税として、バラバラに課税方法を選択することは可能でしょうか?


[回答]

 バラバラに課税方法を選択することはできません。


[解説]

 株式の配当について確定申告をする場合に、総合課税と申告分離課税のいずれかを選択できるときは、その全てについていずれかを選択する必要があります。配当ごとに課税方法を選択することはできません。


参考条文等:措法8の4


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。

サービス

  • 税務・会計・連結決算
  • 経営・再生
  • 相続・事業承継
  • 建設業・原価計算
  • 会計ソフト・システム化

採用情報

東京中央税理士法人

お客様の声

  • メールマガジン登録
  • 田上公認会計士事務所オフィシャルサイト
  • 弥生セミナー

▲ページの先頭へ