ページの先頭です

税務/相続コンテンツ

ここから本文です
文書作成日:2017/08/05


 たくさん汗をかく季節に気をつけたいのが、しっかり水分補給をすること。喉が渇いたら水を飲むのが基本ですが、栄養が豊富なお茶は、汗をたくさんかく季節におすすめしたい飲み物です。




 夏バテの原因は大きく分けて身体的なもの、精神的なものがあると考えられています。身体的には、食欲不振や倦怠感、下痢などの消化器系の不調。暑くて食欲がなくなる、身体全体がだるいといった症状がよくみられます。精神的には、めまいや無気力、イライラなど、暑さからくる身体的な不調をきっかけに、精神的にもダメージを受けることがあります。

 暑い季節の不調に、頼りになるのがお茶のパワー。お茶の種類によって、期待できるパワーもいろいろ違うので、今の状態によって選んでみるのも良さそうです。









 暑い季節に取り入れたい、さまざまなお茶の力。ちょっと飲み方にこだわるだけで、より一層そのパワーを活かせます。

●こまめに少量ずつ
 暑いと一気に飲んでしまいがちなお茶ですが、夏の水分補給はコップ半分ぐらいずつを目安に。一度にたくさん飲むのではなく、こまめに少量摂る方が胃に負担をかけません。

●カフェインに注意
 お茶に栄養が豊富でもカフェインの摂りすぎにはご注意を。ほとんどのお茶が水出しでき、カフェインを抑えながら、栄養をたっぷり抽出できます。1.5リットルでお茶パック1つ(約5g)の割合で、一晩おけばでき上がり。

●できれば常温で
 長時間のエアコンで身体が冷えやすい季節こそ、常温の飲み物を。キンキンに冷えたものを飲む時には、少し時間をおいてから飲むようにしましょう。また、ノンカフェインの飲み物なら、しっかりあたためたものを飲むのがおすすめ。


 夏は、たくさんの汗とともにビタミンやミネラルを流れ出てしまうもの。暑い季節こそ、栄養たっぷりのお茶を味方につけて、元気に乗りきりましょう。



※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。

サービス

  • 税務・会計・連結決算
  • 経営・再生
  • 相続・事業承継
  • 建設業・原価計算
  • 会計ソフト・システム化

採用情報

東京中央税理士法人

お客様の声

  • メールマガジン登録
  • 田上公認会計士事務所オフィシャルサイト
  • 弥生セミナー

▲ページの先頭へ